Publication

  • Kawahata, I., Sekimori, T., Wang, H., Wang, Y., Sasaoka, T., Bousset, L., Melki, R., Mizobata, T., Kawata, Y. & Fukunaga, K. Dopamine D2 Long Receptors Are Critical for Caveolae-Mediated α-Synuclein Uptake in Cultured Dopaminergic Neurons. Biomedicines 9, 49 (2021). https://doi.org/10.3390/biomedicines9010049
  • Cheng, A., Kawahata, I., Wang, Y., Jia, W., Wang, H., Sekimori, T., Chen, Y., Suzuki, H., Takeda, A., Stefanova, N., Finkelstein, D. I., Ma, W., Chen, M., Sasaki, T. & Fukunaga, K. Epsin2, a novel target for multiple system atrophy therapy via α-synuclein/FABP7 propagation. Brain 146, 3172–3180 (2023). https://doi.org/10.1093/brain/awad137
  • Kawahata, I., Sekimori, T., Oizumi, H., Takeda, A. & Fukunaga, K. Using Fatty Acid-Binding Proteins as Potential Biomarkers to Discriminate between Parkinson’s Disease and Dementia with Lewy Bodies: Exploration of a Novel Technique. Int. J. Mol. Sci. 24, 13267 (2023). https://doi.org/10.3390/ijms241713267 
  • Sekimori, T., Fukunaga, K., Oizumi, H., Baba, T., Totsune, T., Takeda, A., Sasaki, T. & Kawahata, I. FABP2 is Involved in Intestinal α-Synuclein Pathologies. Journal of Integrative Neuroscience 23, 44 (2024). https://doi.org/10.31083/j.jin2302044

Conference・Symposium

※自身が筆頭演者のもののみ記載

  • 関森智紀, 川畑伊知郎, 王昊陽, 福永浩司, レビー小体病におけるFABP3依存的な線維型αシヌクレインの細胞内取込み, 第62回日本神経学会学術大会(京都), 2021年5月19日~5月22日, StO-01-5, 口頭発表(オンライン).
  • 関森智紀, 川畑伊知郎, 佐々木拓哉, 福永浩司, 腸管細胞におけるαシヌクレイン病理にFABP2が関与する, 第46回日本神経科学大会(仙台), 2023年8月1日~8月4日, 2Pm-109, ポスター発表.
  • 関森 智紀, 川畑 伊知郎, 佐々木 拓哉, 福永 浩司, 腸のαシヌクレイン病理への脂肪酸結合タンパク質FABPの関与, 第62回日本薬学会東北支部大会(仙台), 2023年10月28日, OD-01, 口頭発表, <若手研究者発表賞>.
  • 関森 智紀, 《若手研究者発表賞受賞講演》腸のαシヌクレイン病理への脂肪酸結合タンパク質FABPの関与, 第45回東北薬学セミナー(仙台), 2023年12月9日, 講演.
  • 関森 智紀, 川畑 伊知郎, 佐々木拓哉, 福永 浩司, FABP2は腸管神経細胞のαシヌクレイン病理において重要な分子である, 第97回日本薬理学会年会(神戸), 2023年12月14日~12月16日, 1-B-P-099, ポスター発表, <学生優秀発表賞>.

Grant・Fellowship

  • 東北大学 未来型医療創造卓越大学院プログラム(3期生)2021/04-
  • 東北大学 高等大学院 博士後期課程学生 挑戦的研究支援プロジェクト(JST事業「次世代研究者挑戦的研究プログラム」)2023/04-2024/03
  • 日本学術振興会 特別研究員(DC2)2024/04-

Academic Memberships

  • 日本神経科学学会
  • 日本薬理学会
  • 日本薬学会